衣服の脇の黄ばみ予防には

夏になると衣服の脇の部分に色が付きシミになってしまうことがありますが、これは脇にあるアポクリン腺からの分泌物が原因です。
アポクリン腺からは脂質やタンパク質、糖質などの成分が分泌されてワキガの匂いとなって現れます。
それらの成分の中にはリボフスチンという色素が含まれており、黄ばみを作ってしまうのです。
また、ワキガによる悪臭を抑えるために使うデオドラント剤も皮膚の雑菌の状態によっては黄ばみの原因になってしまいます。
成分をよく確認してから、使うようにしましょう。
改善するためには手術でアポクリン腺を取り除いてしまえばいいのですが、今すぐに手術するというわけにもいきません。
自分でできる予防には、どのようなものがあるのでしょうか。
洗濯する時に、皮脂分解酵素の入った洗濯洗剤を使うのも効果的です。
皮脂分解酵素には界面活性剤という成分が含まれており、界面活性剤には皮脂の汚れを落とす作用があります。
洗剤によって含まれている量が違うため、多めに含まれている洗剤を選びましょう。
また固形石鹸は靴下の泥汚れがひどい時によく使われますが、殺菌効果のあるデオドラント石鹸は黄ばみを落とし、菌の育成を抑えます。
その他の予防法として、重曹で洗うことで脇の黄ばみを落とすことができます。
重曹は、ワキガの悪臭と菌の繁殖を抑えます。
重曹液を作り、漬け込んでから洗うようにしましょう。
熱湯に洗剤や重曹を溶かしてから洗うと汚れは落ちやすくなります。

タグ: , , ,