脇の黄ばみを改善するための簡単な予防法

アポクリン腺という汗腺の一種の分量は、遺伝により決定されると考えられています。この汗腺から分泌される汗は、たんぱく質や脂質を豊富に含んでおり、毛穴に生息している常在細菌に分解されて強い悪臭を放つ物質が生産されます。この物質による症状がワキガであり、臭いが特に強い場合は液臭症という疾患として取り扱われることになります。
なお、このアポクリン腺から分泌される汗は、臭いだけではなく黄ばみを引き起こす原因でもあります。このために、ワキガは汗の色により識別することが可能です。アポクリン腺の分量が少ない場合は、エクリン汗腺から分泌される無色無臭の汗が大部分を占めています。このために、シャツに黄ばみが生じるということはありません。
なお、アポクリン腺が集中しているのは、脇の下、性器や肛門の周辺部分です。このために、黄ばみもこれらの部分に出来やすいということになります。ただし、アポクリン腺自体を除去するのは手術療法を行わなくてはなりませんが、黄ばみの改善はわりに簡単に実施することが出来ます。
この簡単な予防の具体的な内容は、汗を直接シャツに付けないようにするために脇にパットを装着するということです。現在では、かなりの量を吸収できるパットも販売されており、着色を防止することが出来ます。さらに、制汗剤と併用することにより、予防効果が高まることになります。また、脇の下を清潔に保つことにより、臭いも同時に軽減されます。

タグ: , , ,