脇汗からおこる黄ばみ。その予防方法とは

脇の汗から起こる【黄ばみ】についてうまく対処されている方がどれほどおられるでしょうか。これらと因果関係の強い脇汗。それは【リポフスチン】という成分が原因と言われています。
考え方は2通りあります。まず、【脇あせをかかないように予防する方法】です。いわば【制汗剤】がそれにあたります。
制汗剤の役割は、あくまで汗をかく量を抑えることです。汗をかく原因を改善させているわけではありません。今、注目されている【黄ばみ】を予防する方法に効果的なものはあるのでしょうか。
しかし、ここで黄ばみを起こすものに【制汗剤】が原因となっていることもあるのです。どれだけ多くの方が【そのこと】に気づいておられるのでしょうか。確認する方法としては、制汗剤の使用を止めてみることです。使用を中止した後でも、同様に黄ばみが起らなければ制汗剤が問題となります。
予防ばかりではなく、対策には【重曹】の利用があります。重曹はアルカリの性質をもち、汗に含まれる酸性の臭い成分を消臭する効果があると言われています。重曹の粉を脇に直接塗布するのです。
今流行りの【脇汗パット】と併用して重曹を利用されるのも効果的な対策となります。さまざまな対策法がありますが、一番効果的と言われているのが【毎日の生活習慣の見直し】です。
まずは食生活から整えてみることで脇汗を改善させることにもつながるのです。またアポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂質を抑えることでも効果があります。それには【体質改善】を考えるべきではないでしょうか。

タグ: , , ,