清潔でもついてしまう脇の黄ばみを予防します

シャツなどの脇だけが黄ばみが出ることがあります。洗濯しているのに黄ばみがあるだけで清潔感がない印象になってしまいます。
このシャツなどの脇が黄ばむ原因には、わきが、デオドラント剤、汗腺機能の低下、精神的緊張などが考えられます。
シャツの脇が黄ばむ原因のひとつがワキガの可能性です。ワキガは脇の下にあるアポクリン汗腺から分泌される汗が、細菌などで雑菌が増殖して発生する刺激臭で、アポクリン汗腺から分泌される汗は黄色みを帯びていて、分泌量は少ないのですがワキガがある場合は洋服の脇が黄ばむことがあるのです。
脇の下に塗ったりスプレーするデオドラント剤が原因で黄ばむこともあります。体質にあわない制汗剤を使用すると汗と反応して黄色くなったり、全てのデオドラント剤が黄ばむ訳ではなく、人により黄ばむデオドラント剤が異なるのです。
汗腺機能が低下すると汗の中に血中ミネラルが溢れ出して汗が黄色くなることがあります。精神的な緊張はわきの下の発汗を増やし、汗が濃縮されると黄色いシミになることがあります。
洋服のわきの黄ばみを予防するには、使用して黄ばむデオドラント剤の使用を中止したり、汗腺機能の低下を防ぐために軽い運動を続けて血行がよくなり自然に発汗を促したり、緊張を解消するためにストレスを発散する活動することも必要です。ワキガも気になりますが、汗をこまめに拭いたり、汗わきパットなどを使用することで服の黄ばみは予防できます。

タグ: , , ,